<< トゥデイ、トゥデイ、ジャパン、トゥデイ | main | BaRRN! 7月号 >>

スポンサーサイト

  • 2015.01.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

BaRRN! 6月号

やあご無沙汰。タクミウェイ・マルムスティーンだよ。
俺はメタルを生業としているけれど、副業としてリーマン活動にいそしんでいることは何度か話してきたと思う。そこらへんのところでアレがナニってことで、メタルキッズのみんなにはニューアルバムを届けることはおろか、こうやってBaRRN!のインタビューで俺の近況をお伝えするって事すら満足にできていない。俺も残念に思っているよ。

さて、久しぶりのインタビューなんで今日こそはメタルの話を、ってみんな思うだろ。今日はメタルの話は抜きだ。俺がみんなに伝えたいのは、コインランドリーってすげえ、って話だ。

俺の家では、洗濯は奥方様が担当している。おっと、ジェンダーフリーとかにうるさい皆様は遠慮してくれよな。俺が話したいのは家庭で誰が洗濯を担当するか、って話じゃないんだ。納豆石鹸ってダチの金言で、「金を払うぐらいで楽できるようなチャチな話なら、金払うべし」ってのがあるんだけど、それにしたがって我が家にはハイエンドな全自動洗濯乾燥機が導入されている。ハイエンド洗濯機のやつは、その名に恥じないいい働きをしているんだ。
ところがハイエンド野郎を従えるのは俺の奥方様だ。奥方様は、俺に輪をかけたメタルスピリットをもっている上に、天然でもあるから、あるとき下の娘のオヤスミマンを洗濯した。さすが我が家にいるだけあって、洗濯機もメタルスピリットを身に着けたらしい。ハイエンドの誇りを持って、オヤスミマンを完璧に粉砕し、いっしょに洗った他の洗濯物を悲惨な目に合わせて自身は涼しい顔をしていた。まったく、洗いあがりを確認したときの奥方様の悪態を洗濯機に聞かせてやりたかったぜ。あの瞬間はメタルではなくパンクだったね。

でも洗濯機のヤツも、実はダメージを負っていたんだ。プライドだけで涼しい顔をして、相変わらずすばらしい洗濯ジョブを続けていたけど、内面はボロボロだった。考えてみれば兆候はあったんだよ。
上の娘が「なんだかパジャマもタオルもラーメン臭え、こんなFxxkin'なタオルで体を拭いて、Suckin'なパジャマで寝れるかヴォケ」ってほざいてたんだ。俺は残念なことに嗅覚障害なんで、自分のパジャマがラーメン臭を漂わせていることなんて知る術も無いし、だいいち日本の食い物の中でもラーメンはかなりゴキゲンな逸品だ。ラーメン臭ならウェルカムさ。
兎に角、奥方様はパンクな悪態をつきながら娘には代えのタオルとパジャマをあてがってその場を済ませた。もちろん俺はラーメンパジャマだ。ラブ・ピース・ラーメン。
おっとまた話がそれた。ハイエンド洗濯機は以前と変わらないそぶりで洗濯ジョブをこなしつつも、そのクウォリティーを下げつつあったんだ。今日は洗濯物をラーメン臭く仕上げてみました、って感じにね。

そして昨晩、ついにヤツは働くことを拒否したんだ。もちろんヤツを責めることはできない。あいつはいい仕事をしてきたし、たぶんヤツが想定していた「ハイエンド洗濯機としての俺様が洗うものリスト」の中に「オヤスミマン」は入ってなかった筈だ。メタルな家で使われることになったのが不運だったのさ。まあ相性ってやつだね。

しかし、ハイエンド野郎がプライドを持って壊れるときの「イタチの最後っ屁」ってやつは強烈だぜ。あいつの放屁はいただけない。洗濯機であるというアイデンティティを捨てるために、あいつは「排水」を拒否したんだ。洗濯機能も脱水機能も、おそらくは乾燥機能も、機械的には完璧に動作するくせに、「排水」が死ぬだけで、ヤツの全機能が利用不能になるんだ。
奥方様は夜に洗濯をして、干してから寝るんだけど、「d9」って素敵なメッセージを出して排水を拒否するアイツを働かせるために、夜な夜な何度も電源OFF、電源ON、洗い、のフェーズを繰り返し、すすぎの前の脱水の前の排水で「d9」を食らい続けた。

その結果、ひどく煙たい朝に目覚めた俺が目にしたものは、尋常でない石鹸濃度になった水を満載して、中に洗濯物がいっぱい入って「d9」を表示している、「かつて洗濯機であった物体」だ。
夜な夜なヤツに排水させるために頑張った奥方様の努力の痕跡も見ることができた。洗濯機の場所がいつもの場所よりも20cmくらい手前に移動されている。洗濯機のご機嫌伺いを引き継いだ俺が心底吃驚したのは、水を満載した洗濯機は重くて全く動かせないってことだ。奥方様はどんな魔法を使って20cmもアレを動かせたのか、全く想像がつかない。ピラミッドの石運びに匹敵する八不思議目の出現だ。

途方に暮れた俺がやったのは、サイフォンの原理ってやつをフル活用して洗濯機から排水し、極度に残念な状態となった洗濯物をバケツに取り出し、取説で「d9」エラーを確認し、ケーズデンキの保証期間を確認することだった。なんだか奥方様のパンクなメタルっぷりと比べて、俺がひどく常識的な野郎に思えてしまって残念極まりない。メタルキッズのみんなの失望もわかるけど、ひとつだけ理解してもらいたい。「天然」てやつは最強のスキルなんだ。おまけに水を並々と湛えた洗濯機を素手で20cmも動かせるパワーまでもってるんだ。かなうわけがない。

そんなわけで、メタル勝負に完全に負けてる俺は、軽くなった洗濯機を移動し、排水口からの排水が問題ないことを確認して、「どう考えても排水口が詰まってるとかじゃなく、洗濯機内部に障害がある」って結論にたどりついたんだ。わかってるよ、どうせ俺は常識人だ。10時の開店を待ってケーズデンキのサポートコールに電話すらしたさ。もちろん、「ウチのFxxkな洗濯機が動かねえ、酒もってこい」なんてメタルな電話ではなく「型番xxxでエラーはd9、当方で切り分けた結果、排水の問題は洗濯機内部だと考えておりますが」的なやつだ。

そういういざこざを経て、コインランドリーの門をくぐることになるんだけど、残念ながらインタビューの誌面が尽きた。おまけに、満を持してコインランドリーの話を投入しても、「奥方様がすげえ」話が「コインランドリーがすげえ」話を食ってしまう可能性が高いと言わざるを得ないな。

気が向いたら次回のインタビューでコインランドリーについて語らせてもらうよ。兎に角、俺の中では今コインランドリーがアツイんだ。わかってくれたと思う。

じゃぁな。
(2009.6.1 閉店間際のコインランドリーにて)

スポンサーサイト

  • 2015.01.07 Wednesday
  • -
  • 00:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
当方、1年間、続きを楽しみにしています。
コインランドリはどうなったの?
  • 2011/07/13 12:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
since 01/20/2006
  
d400xのTwitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links